医療脱毛とエステ脱毛の併用は可能なのか?

医療脱毛とエステ脱毛の併用は可能なのか?


医療機関で行う脱毛とエステサロンで行う脱毛、どちらの利用が最適なのか迷った時に両方通院すればいいのでは…という考えが脳裏に浮かぶ方もいると思います。
しかし、異なる施術方法の施設を併用する事に危険はないのか、気になるところですよね。
結論から言うと特に心配する必要はありません。
ただ、以下の事に注意して利用する事がポイントとなってきます。

 

併用時は違う部位の施術を行う

毛根には、抜けて生え変わる周期というものがあります。

この周期の中に、最も脱毛効果が表れやすい時期があるのですが、こればかりは通う場所を変えたところで変わるものではありません。
つまり、医療とエステで同じ部位を施術すればより高い効果を得られる…などいった事は一切なく、併用するなら異なる部位の施術を行うのが最適な方法という事になるんです。
それに、医療脱毛だけでも高い効果を発揮するのに、その上からエステの脱毛を受けてもなんの意味もありませんよね。
ただ併用ではなく、医療脱毛特有の痛みが無理だった、エステの脱毛で全く効果を得られなかった、などという方が乗り換える事は多々あるようです。

 

VIOなど、なるべく痛みを感じず施術をしたい箇所はエステへ、脇や腕など確実にしっかり脱毛を行いたい箇所は医療機関へ。
これはあくまで一例ですが、部位ごとに上手く使い分けて併用していくのは、ひとつの策としておすすめと言えます。

 

同じ部位でも併用できる?

さて、先程違う部位の併用ならOKという話をしてきましたが、それはエステの光脱毛と医療のレーザー脱毛に焦点を当てた話であり、実は仕組みが違う脱毛方法なら同じ部位でも併用する事が可能なんだそうです。
どういう事かというと、簡単にまとめると以下の通りとなります。

 

光脱毛やレーザー脱毛の場合

毛根のメラニン色素に働きかける事で、脱毛効果を発揮します。
そのため毛の周期によって効果が得られない時期というものが出てきてしまいます。

 

その他の脱毛方法の場合

例として、ハイパースキン脱毛SHR脱毛などの方法が挙げられます。
これらは、毛根のメラニン色素とは関係なく脱毛効果を発揮してくれます。
つまり、光やレーザーで脱毛効果が表れない期間にその他の方法で脱毛を行えば、より有効的な効果が期待できるという訳です。

 

ただし併用して行う施術は一回でまとめてやるよりも、実感できる効果を得るまでにはかなり時間を要してしまうようです。
エステ、医療、併用、どの施術を受けるにしても自分に合った最適な方法を慎重に選んでいくようにしてくださいね。

 

愛知で人気のクリニックや使われてる脱毛器などの詳細を知りたい方はトップページへどうぞ。