医療脱毛|事前処理は必要?方法や注意点について

医療脱毛|事前処理は必要?方法や注意点について

医療脱毛を行うにあたって気になるのは、ムダ毛の処理についてです。

高い効果を実感するためには、伸ばしっぱなしの無法地帯にしといた方がいいのでは…と考える方も多い事でしょう。
結論から言うと、処理をしても問題ないという医師もいれば、伸ばしてきてくれという指示を出す医師もいます。
つまり、クリニックによって異なるんですね。
なぜこのような現象になっているのかというと、ニードル脱毛レーザー脱毛がごっちゃになっている事が原因のひとつとして考えられます。

 

一般的に主流となっているのはレーザー脱毛ですが、こちらの方法は毛根のメラニン色素に反応して働きかけるため、毛が見えない状態でもしっかり脱毛していく事ができます。
一方で一昔前に主流となっていたニードル脱毛の場合、毛穴に針を入れて一本一本処理していくという方法になるため、見える毛がないと脱毛できなくなってしまうんです。
現在ニードル脱毛を利用しているクリニックは少ないと思われますが、脱毛方法によって事前処理の有無は異なるので、医師としっかりコミュニケーションをとって確認しておくようにしましょう。

 

事前処理を行う場合

日頃「抜く」方法で、ムダ毛処理を行っている方も多いと思います。

しかし、毛根が重要となってくるレーザー脱毛の前に毛を根っこから抜いてしまうと、レーザーによる脱毛効果を得ることができなくなってしまいます。
これからレーザーを用いた医療脱毛の予定がある方は、必ず「剃る」方法で事前処理を行っていくようにしましょう。
除毛クリームを使うのも肌に良くないらしいので、ムダ毛処理にはシェーバーを用いるのがおすすめです。
シェーバーなら、比較的肌を傷つける事なく、処理していく事ができます。

 

処理を行うタイミングについて

ではいつ頃ムダ毛の処理をすればいいのかというと、基本は施術日の前日が最適とされています。
うっかり忘れていたという場合、当日処理しても問題はないようですが、慌ててお肌を傷つける恐れもあるので、なるべく時間のある時に丁寧な処理を心掛けていくようにしましょう。

 

脱毛前の事前処理は、クリニックによって異なる事があります。
今はネットから気軽に問い合わせる事もできるので、応募フォームの備考欄などを上手く活用して質問する事をおすすめ致します。

 

愛知で人気のクリニックや使われてる脱毛器などの詳細を知りたい方はトップページへどうぞ。